被相続人または財産を取得した人が相続発生前5年以内に日本国内に住所を有したことがある

一般的には相続税の計算をする場合に、被相続人が残していた借入金などの

 

債務に関して遺産総額の適用を受ける贈与財産がある場合にはその財産から

 

差し引くことが出来るようになっていますが、債務などを差し引くことの出来る人と

 

して定められているのは、債務などを負担することになる相続人や相続時におい

 

て清算課税の適用を受けている贈与によって財産を受け取った人などとなりま

 

す。また相続人や包括受遺者である場合でも相続又は遺贈によって財産を取得

 

した時点において、日本国内に住所がない人でさらに相続や遺贈によって財産

 

をもらったときに日本国籍を持っていて、被相続人や財産を受け取った人が被相

 

続人が死亡するまでの5年以内に日本国内で生活をしたことがある場合や、相続

 

や遺贈によって財産を受け取ったときに日本国籍を持っていないが被相続人が

 

日本国内で生活をしていたということに該当していない場合においては遺産総

 

額から控除できる債務の範囲が限られてしまい、葬式費用の控除などを受けるこ

 

とができません。遺産総額から差し引くことができないと定められている債務とし

 

ては、被相続人が生前に購入していた墓地などの未払い代金などの非課税であ

 

ると定められている財産に関する債務で、これは遺産総額から差し引くことはで

 

きないことが法によって定められています。