生前に購入したお墓の未払代金など相続税非課税財産に関する債務は遺産総額から差し引けない

相続によって相続人が受け取った財産のすべてには原則として相続税が課税さ

 

れることになります。しかし、相続した財産の中には相続税の課税の対象として

 

はふさわしくないと見做される相続非課税財産と呼ばれるものがあります。

 
相続税の課税の対象とはならない財産としては、仏壇等、死亡保険金、死亡退職

 

金、国等へ贈与した財産があります。

 
仏壇やお墓などは先祖を敬うという観点から相続税の課税の対象とはなってい

 

ませんが、あまりにも高価な仏壇やお墓であったり、骨董的な価値が高いと見ら

 

れる仏像などを相続した場合には相続税の課税対象となる可能性があるので注

 

意が必要です。また、相続税の課税の対象とならないようにするために純金製の

 

仏壇や仏像を購入していたことが発覚した場合にも相続税の課税対象となって

 

しまいます。その他にも相続をした後に購入した仏壇やお墓なども非課税とはな

 

りません。あくまでも被相続人が生前に購入していたお墓や仏壇が非課税となっ

 

ているのです。

 
また、相続した財産の総額から被相続人が残した借入金や未払金などの債務

 

および葬儀代などを差し引くことができますが、被相続人が生前に購入したお墓

 

に関しての購入代金の未払となっている分に関しては相続した財産の総額から

 

差し引くことはできません。